絶対お得 賃貸物件 退去時にかかる費用を抑える方法

賃貸物件 退去時にかかる費用を抑える方法

 

引っ越し好きな方は、ご存知な方も多いと思いますが、一般的に引っ越しは、更新のタイミングを考え

約2年は住むケースが多いです。

2年前の契約書の内容や営業マンから受けた説明は、さすがに覚えていないと思いますので、引っ越し考え始めている方は

一度読んで参考にして頂ければ嬉しいです。

 

1、火災保険を有効活用 設備を直す
加入している火災保険を使って、室内の修復することが可能です。

例えば、壁紙の剥がれや床の傷など

それが終わりましたら火災保険の解約の連絡

加入している火災保険によって異なりますが、基本2年契約で前払でお金を支払いますが

途中解約ですと、日割りで支払った保険料が戻ってくるケースがあります。

2、契約書を再確認

チャックポイント

① 特約の有無確認

特約があるケースは、1年未満解約、違約金1ヶ月分など

② 解約通知の確認 2ヶ月前予告などケースあり

よくあるケースで、申込みをしてから今住んでいる管理会社に電話して、初めて解約2ヶ月前と気づくケースです。

なんとか相談してみますと言いますが、2ヶ月前解約から1ヶ月になったケースは聞いたことは無いです。

③ 解約や更新の連絡期日を確認

何日までに、解約や更新の連絡をしなくては行けないのかは、重要なのでこれは、忘れずに確認を

 

3、家具を全て解約日まで片付ける

全ての家具を片付けます。

ハンガー1つでも忘れずに片付ける
経験上、ハンガーを1つ忘れて、退去して後日ハンガーの撤去費用を請求されました・・・
お忘れなく

4,解約日までに立ち会い、鍵の引き渡しを必ず行う

1日でも解約日をすぎると、追加料金が発生する可能性がありますので、余裕を持って
立ち会い日を決めた方がよろしいかと思います。

5,お部屋の立ち会い日に、サインをしない。

これは重要です。

解約日が決まり、不動産屋とお部屋の確認する日があります

何をするかと言いますと、お部屋をチャックして、傷や汚れあと、設備に不具合がないのかを調べます。

業者がチェックが終わり、修復箇所を書き出した用紙にサインを求められますので
内容を確認せずにサインは厳禁です。

内容確認後、交渉された方が良いです。
交渉すると修繕費用が下がる可能性もあります。

例えば、この傷は、自分が傷をつけた物でないなど。

納得の上、サインをしましょう!!

1番退去でお金の負担が有るのは、⑤の内容になりますので、立ち会い無しで業者に任せたり

内容を確認しないで、言われるがままにサインをしないようにしましょう。

 

最後に引っ越し完了後の手続き

確認リストを作りましたので、ご参考ください。

  • 郵便局に転送届を出す。
  • 光回線契約の住所変更→変更より新規で契約をしたほうがキャッシュバックがあるケース有りです。
  • 携帯の登録住所変更
  • 市役所に、転出届→転送届
  • ふるさと納税引越し通知書。
  • 納税した自治体に住所変更届(引越し先が同じ市内の場合は必要なし)
  • 電気・ガス・水道会社への連絡
  • 国民年金の住所変更
  • iDeCoの住所変更手続き
  • 銀行、クレジットカード会社への連絡
  • 自動車+運転免許証の登録住所変更